CODELLANNI

The FIRST Sorghum Spirit in Japan

label

 


NEWS

12/14-15(11:00-20:00)、日本百貨店しょくひんかん(東京・秋葉原)で
『CODELLANNI』試飲会を行います。
お買い上げの方にはオリジナルコースターまたはボールペンをプレゼント致します。
お近くにお越しの際には是非お立ち寄りください。

 

Makuake様でのクラウドファンディングへのご支援ありがとうございました。

 

9/3-6、東京ビッグサイトにて開催中のグルメ・ダイニングスタイルショー2019の
クラフト ブリュワリーズ&ディスティラリーズに出展いたしました。
西2ホールT42-CB01『ふるさとの森』

多数のご来場,誠にありがとうございました。


ABOUT CODELLANNI

『CODELLANNI™』は、近年注目されているイネ科の作物ソルガム(Sorghum bicolor (L.) Moench)の茎を搾ったシロップから作られた日本初の蒸留酒(スピリッツ)です。『ソルガムを用いた被災地における農業再生プロジェクト』(2013年度グッドデザイン賞受賞(受賞番号13G110981))として東日本大震災の被災地である宮城県南三陸町で栽培したソルガムを搾ったシロップを原料にしています。 飲み口は、クリアでありながらほんのり甘みが感じられるまろやかな口当たりです。ストレートでも、カクテルベースとしてもお楽しみください。

『CODELLANNI™』は、「素晴らしい」「たまらない」という意味の東北弁「コデランニ」(「堪えらんねえ」)をイタリア語風に綴ったものです。東日本発のGlocalな新しいお酒です。

 

bottle 商品名:CODELLANNI 2018/BIANCO
容量:720ml
アルコール度数:37%
価格:¥3,600(税抜)
原産国:日本
発売予定:2019年12月初旬

ORDER

ご注文はこちらからお願いいたします。

 


SORGHUM SPIRIT

ソルガム(Sorghum bicolor (L.) Moench)は日本では「モロコシ」や「タカキビ」の名で古くから栽培されてきた穀物です。中国ではソルガム(コーリャン)の実を原料とする蒸留酒「白酒」が,アフリカではソルガムの実のビールが作られています。 一方,CODELLANNIは「スイートソルガム」と呼ばれ,サトウキビのように茎に多くの糖分を含む種類のソルガムを原料としています。アメリカにはソルガムの茎を搾汁して収穫したシロップを原料とするウイスキーもありますが,日本ではソルガムシロップはほとんど利用されていません。今回日本で初めてソルガムシロップを原料とする蒸留酒,ソルガムスピリッツを商品化しました。


STORY

私たちは2012年から東日本大震災の津波被災地で『ソルガムを用いた被災地における農業再生プロジェクト』を行ってきました。イネよりも光合成能力に優れるC4植物であるソルガムは,生長が早く栽培が容易であり,ちょっと元気なお年寄りなら誰でも参加でき,さらにバイオエタノール製造や発電事業のような新たな産業が生まれる可能性も秘めています。2013年にはグッドデザイン賞を受賞したこのプロジェクトからソルガムスピリッツCODELLANNIは生まれました。私たちはこれからも東北地方の農業復興を支援していきます。

ソルガム畑 栽培地:宮城県本吉郡南三陸町


DESIGNER

イトウジュン

ワインエキスパート,日本酒ロ利酒師
博士(工学)(東京大学)

DESIGNER イトウジュン
東京大学で園芸学を修めた後,デザインの世界へ転向。インハウスデザイナーを経て独立。繊維から建築まで幅広い分野のデザインを手がける。農学と工学のダブルマスターとして第六次産業への取り組みを積極的に行っている。また大学にて教鞭を取り,後進の育成に従事している。
本プロジェクト以外にも,2011年グッドデザイン賞にて特別賞(中小企業庁長官賞),2014年ドイツRED DOT AWARDにて最高賞(best of the best)を受賞するなど,国内外での受賞多数。

COMPANY

㈱ ふるさとの森

代表取締役 池田立一
http://furusatonomori.info

ふるさとの森ロゴ

自然が本来持つ自浄力や命の循環システムをもう一度見直し本当に快適なこの惑星の生活を取り戻したいという思いで2000年に設立,活動を開始。2012年より東日本大震災被災地でのソルガム栽培による復興再生事業を行っている。東南アジアやメキシコでのソルガム栽培支援事業や,農業用機械や有機廃棄物処理プラントなどの販売保守業務等なども行う。現在、高収量高糖度ソルガムを栽培することにより、シロップの収穫と搾汁滓の粗飼料利用による一度の収穫を多段階的に利用する新しい高収益型農業を提唱。ソルガムシロップを利用した新商品の開発など、ソルガムを利用した被災農地や未利用農地の再生、農業復興を目指す農業コンサルティング事業を展開中。